グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  このサイトについて

このサイトについて


名古屋市立大学病院は、喜谷記念がん治療センターホームページ(http://www.kidani-gancentre.jp/、以下「当サイト」という。)の利用者に対し、責任の範囲を明確にするために以下の規定を明示します。また当サイトの利用者は、以下の内容に同意した上でご利用になっているものと見なします。

免責事項

当サイトにおいて公開する情報(以下「コンテンツ」という。)は、名古屋市立大学病院が正確を期して提供しているものですが、技術的・法的に不完全な記述や誤植が含まれる場合があります。
これらのコンテンツに含まれる情報につきましては、その内容および利用結果を保証するものではございませんので、ご利用は自己責任でお願いいたします。
なお、コンテンツをより正確かつ適切にご利用いただくために、予告無く内容の変更を行う場合があります。

当サイトにおけるすべてのコンテンツは名古屋市立大学病院が提供するものですが、法律上の瑕疵責任を含めて特定目的への適合性の保証、権利の不侵害への保証を含む、いかなる明示もしくは黙示の保証責任も負いません。

また名古屋市立大学病院は、当サイトの内容もしくは使用にかかわる損害の責任(直接的損害、間接的損害、派生的損害、逸失利益、情報システム上のプログラムおよびデータの損失などの無体物の損害などを含むいかなる損害に対する責任)を負いません。

著作権

当サイト上のコンテンツの著作権は原則として名古屋市立大学病院が所有しており、名古屋市立大学病院の事前の書面等による承諾を得ることなく、私的目的を超えてこれらを使用することや、これらの全部又は一部をそのまま又は改変して転用、複製等をすることを禁止いたします。

リンクポリシー

名古屋市立大学病院は当サイト以外の第三者サイトについて、当サイトからのリンクを通してアクセスできる第三者サイトもしくは当サイトへリンクを張っている第三者サイトに対し、いかなる責任も負いません。

名古屋市立大学病院は当サイトからのリンクを通してアクセスできる第三者サイトもしくは当サイトへリンクを張っている第三者サイトについて、当該第三者サイトの内容および使用にかかわる一切の責任(直接的損害、間接的損害、派生的損害、逸失利益、情報システム上のプログラムおよびデータの損失などの無体物の損害などを含むいかなる損害に対する責任)を負いません。

当サイトからのリンクを通してアクセスできる第三者サイトについては、名古屋市立大学病院は単に利用者の利便性のためにこれらを提供しているものであり、名古屋市立大学病院が当該第三者サイトを推奨または承認していることを意味するものではありません。
当サイトへリンクを張っている第三者サイトに関しても、名古屋市立大学病院が当該第三者サイトを推奨または承認していることを意味するものではありません。

当サイトへのリンク

当サイトへのリンクはリンクフリーとなっております。当サイトへのリンクの許可依頼およびリンクの連絡につきましては不要です。また、リンクの許可依頼などにつきましてはお返事いたしませんのでご承知おきください。

リンクの設定につきましては、各コンテンツへの直接リンクを設定していただいてかまいませんが、予告なくコンテンツの内容またはアドレスが変更になることがあることをご承知おきください。また各コンテンツへの直接リンクを設定する場合、当該コンテンツが名古屋市立大学病院提供のものであることを正しく認識できるように設置してください。

(具体的事例)リンク元ページにおいてフレームを用いて名古屋市立大学病院提供のコンテンツにリンクし、自コンテンツであるように見せかけるリンクは誤解を招くため禁止いたします。また、コンテンツに含まれる一部の内容(画像など)を直接参照し、自コンテンツの一部として用いることも禁止とします。

当サイトからのリンク

当サイトからのリンクは、名古屋市立大学病院が利用者の利便性のために設置するものですが、そのリンクの設置にあたっては当該リンク先のウェブサイトが一般に公開されておりアクセス制限がかけられていない限り連絡や許可願いをせずにリンク設置する場合があります。

ご利用環境

当サイトの利用にあたっては、利用のための特別な環境は必要ありません。なお、サイトの管理者は、OSとしてWindows7、ブラウザとして IE11.0の環境で動作確認を行なっており、それ以外のOSやブラウザの組み合わせでも問題なく動作すると思われますが、すべての組み合わせでの動作を保障するものではありません。予めご了承ください。

アクセシビリティ

経済産業省は平成16年6月20日に日本工業規格「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第三部:ウェブコンテンツ」(JISX8341-3)を制定しました。ここには具体的事例でアクセシビリティに配慮したコンテンツ作りについて述べられています。

当サイトのコンテンツはできるだけ多くの方が利用できるよう、高齢者や障害者にも配慮したページ作りに留意していますが、この規格を目標として一層のアクセシビリティ向上に努めて参ります。