グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  活動報告 >  サイコオンコロジー外来

サイコオンコロジー外来


サイコオンコロジーとは

がん患者さんやその家族の心のケア、精神・心理的側面ががんに与える影響について研究する新しい学問
がんの告知は、告知される患者さん本人やその家族、また医療従事者にとっても衝撃的なものです。
がんの告知が当たり前となるなかで、告知前後や治療中の心のケアや、精神面がどのようにがんの罹患や生存に影響を与えるのかを研究・臨床することを目的に、1970年代にサイコオンコロジー(精神腫瘍学)という学問が始まりました。
サイコオンコロジーのパイオニア的存在として、アメリカ・ニューヨーク州にあるメモリアルスロンケタリングがんセンター病院精神科のジミーホランド医師が知られています。

サイコオンコロジーの専門家、サイコオンコロジストと精神腫瘍医
サイコオンコロジーの臨床や実践活動に取り組む専門家はサイコオンコロジストと呼ばれます。サイコオンコロジストには3つの役割があります。
①疾病や治療に関する適切な情報を提供すること
②患者さんやその家族が孤立しないよう情緒的に支えること
③治療の継続において患者さんを悩ませる不眠や不安などに対し、精神心理的な治療を含めたサポートを用意し、
 最善の治療を受けられるように医学的サポートを提供すること
特にがん患者さんやその家族の心のケアを専門的にサポートする専門医を精神腫瘍医といいます。精神腫瘍医はがんの治療にも精通し、専門的なアドバイスと最適な薬物療法の知識と心理的支援の技術をもって患者さんとその家族の支援にあたる専門家です。

サイコオンコロジーの重要性

がん患者さん最大の悩みは「不安などのこころの問題」
がんの告知は患者さん本人やその家族、医療従事者に衝撃を与え、がんを経験した患者さん、ご家族の多くにケアが望まれる状態がみられます。
実際にがん患者さんの悩みとして一番多いのが、「不安などのこころの問題」です。
このように、患者さんの不安を取り除き、できるだけ安心して治療を継続できるようにすることがとても重要なのです。

がんと精神的な問題は密接に関係。サイコオンコロジーのニーズ
がんのイメージには死がつきまとうこともあって、がん患者さんの多くが不安やうつなどの精神的な問題を抱えています。
がん患者さんの2人に1人は何かしらの心のケアが必要だというデータも存在します。しかしながら実際の診療では、がん自体の治療がどうしても優先され、患者さんの心のケアがうまく機能していないという現実があります。
また、がんの診断後1年以内に自殺で亡くなる方は、がんでない方の24倍も高いという厚生労働省の研究班の報告もあります。
このなかには治療を受ければがんが治る可能性のあった患者さんもいるでしょう。このようにがんは患者さんを悲観的にさせ、時として自殺にまで追いやってしまうこともあるのです。
ですから、がんと精神的な問題は密接につながっているといえます。

これまでの実績