グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  活動報告

活動報告



化学療法部

定期キャンサーボード

当院は、がん診療連携拠点病院として国に指定されており、高度・専門、かつチーム医療によるがん診療を提供する責務があります。
キャンサーボードは、手術、放射線診断、放射線治療、化学療法、病理診断及び緩和ケアに携わる専門的な知識及び技能を有する医師その他の専門を異にする医師等によるがん患者の症状、状態及び治療方針等を意見交換・共有・検討・確認等するためのカンファレン スです。
当院では、平成26年8月より、定例月1回(第4金曜日、17時15分より約40分、病院3階大ホールにて)、定期キャンサーボードを開催しています。本ボードでは、がん診療に関わるすべての診療科が発表担当として参加し、医師のみならず、薬剤師、看護師、医療技術者の方々が、その症例発表に参加し、がんチーム医療の育成に重要な役割を担っています。
○これまでの開催実績
 ・平成28年度
 ・平成27年度

リサーチナースの育成

緩和ケア部

サイコオンコロジー外来

当院はサイコオンコロジー外来に積極的に取り組んでいます。

詳しくはこちらをご覧ください。

がんともカフェ

がんともカフェはがん患者さんやそのご家族がお互いに交流する場として平成26年10月より始まりました。
ワールドカフェ形式でがん患者さんやご家族が抱えている不安や悩み、病気を通じての経験などについて、話し合うことで少しでも心の不安を取り除いてもらうために開催しています。
(注)現在は活動を休止しています。
○これまでの開催実績

緩和ケア講演会

当院は地域がん診療連携拠点病院の役割の一環として、地域の医療従事者の皆さまと一緒に緩和ケアの知識・技術の向上を目的とした「緩和ケア講演会」を毎年開催しています。
講師の方も医師のみならず、薬剤師、看護師などのさまざまな医療従事者を招き多方面からの学びが得られるように努めています。

これまでの開催実績はこちらをご覧ください。

小児遺族会

当院では、がんに限らず子供を亡くした家族のグリーグケアを目的として遺族会「ご家族のつどい」を開催しています。
その中では、両親を対象にグループワーク、同胞対象に遊びコーナーのプログラムを用意しているほか、茶話会も行っています。
開催月 参加人数
第1回 平成26年2月 67名
第2回 平成26年11月 51名
第3回 平成26年12月 61名
第4回 平成27年3月 47名

薬剤部

抗がん剤曝露対策

当院は、抗がん剤の曝露対策を積極的に進めています。

詳しくはこちらをご覧ください。

がん専門薬剤師の養成

当院は、がん専門薬剤師の養成に積極的に取り組んでいます。

詳しくはこちらをご覧ください。

地域連携の促進

当院は、がん薬物療法を担う地域かかりつけ薬剤師・薬局を支援する研修事業に積極的に取り組んでいます。

詳しくはこちらをご覧ください。

リハビリテーション部

当院は、がん薬物療法を担う地域かかりつけ薬剤師・薬局を支援する研修事業に積極的に取り組んでいます。

詳しくはこちらをご覧ください。

看護部

看護部では、がん看護領域の専門・認定看護師資格を取得したスタッフや海外研修を経験したスタッフがさまざまな現場で活躍しています。

がん看護領域の専門・認定看護師資格取得者

専門領域 人数 役割・活動
がん看護専門看護師 4名 ・がんカウンセリングの実施
・愛知県がん診療連携拠点病院専門部会委員
・がん看護に関する研究メンバー(愛知県立大学・名古屋市立大学病院)
・血液疾患で移植を受ける患者の看護ケアのマネジメント
・ELNEC-J指導者
・がん看護に関する研究メンバー(筑波大学・愛知県立大学他)
・緩和ケアチームでのチーム活動
・緩和ケアチームでのチーム活動
がん化学療法認定看護師 2名 ・化学療法患者への生活指導および支援
・がんカウンセリングの実施
・愛知県がん診療連携拠点病院専門部会委員
・がん化学療法認定看護師資格取得予定(2016)
がん性疼痛看護認定看護師 1名 ・疼痛に関するスクリーニングと看護ケアに関するコンサルテーション
・ELNEC-J指導者

海外研修経験者

専門領域 人数 役割・活動
看護師 2名 ・リンパ浮腫指導者資格取得
・がん疾患に伴う症状緩和のマネジメント
・愛知県がん診療連携拠点病院がん診療連携パスコーディネーター
・がん疾患で在宅療養が必要な患者の支援
緩和ケア認定看護師 2名 ・手術療法、化学療法、放射線療法を受ける入院患者の看護ケアのマネジメント
・ELNEC-J指導者
・緩和ケアチームでのチーム活動
・ELNEC-J指導者

患者情報ライブラリー

患者さんやご家族が治療法の選択に際して、主体的に適切な判断を行うために必要な、病気の症状・治療法といった一般的な医療情報を、図書やパンフレット、インターネットで調べることができる「患者情報ライブラリー」が当院にはあります。

詳しくはこちらをご覧ください。